*

市の乳がん検診でひっかかった話

公開日: : 管理人レビュー

芸能人が何人か乳がんで治療を受けているという報道の影響で、最近「乳がん検診」が注目されていますよね。

私も今年、生まれて初めてマンモグラフィで乳がん検診を受けました。

触診は独身時代、20年ぐらい前?に受けたことが有りましたが、笑っちゃうぐらいくすぐったくて。。。

その間、何回か出産・妊娠を繰り返していましたので、マンモグラフィで乳がん検診のチャンスもなく・・・

45歳になり、真面目に自分の体をチェックしてケアしていかないとなと思い、受けました。

10年ぐらい前に、知人から聞いた時は死ぬほど痛いと聞いてましたが、そんなに痛くなく。
こんな感じの痛さなら別に・・・

って感じでした。

で1ヶ月。

他の検診含め、そろそろ結果が出てくる頃かなと思っていたら、なんと保健師さんから電話!

「市役所に来れますか?」というので、資格試験の勉強で忙しかったこともあり、なんでだろう・・・と思ったら、乳がん検診で要検査と出たそうで。

ぎょっとしました。

父が去年秋に胃がんで他界してるし、祖父も肺がんで他界してるし、母のお姉さんも皮膚がんでなくなってるし、一応ガンの気はある家系だから・・・。

翌日あさイチで市役所でX線のフィルム(封がしてあり見えない)を受け取ったあと、その足で近所の病院で精密検査の申し込み。

検査は予約制で午後だけ、と渡された紙にはかいてありましたが、すぐ検査してくれました。
ただ、先生の診断は数日後。

マンモはめっちゃ痛かったです・・・検診と全然違う・・・

マンモとエコーと2箇所の検査があり、その間にX線の袋が開封された状態で私が運んで検査技師へ渡すような状況だったので、中をのぞいてみましたww

すると確認は2人の医師がしているようで一つは「問題なし」にチェック。もう一つは「構築の乱れ」にチェック。多分良性だけど、悪性の疑いも拭いきれず、要精検。

その日は、針生検はなかったので、大丈夫なのかなと思いつつ・・・

ちなみにマンモの画像はこんな感じ。
www.kameda.com/patient/diagnostic/xray/mammography/index.html

「構築の乱れ」で検索してみると結構引っかかる人が多いようですね。
ひっかかった人の9割は問題なしのようだけど、1割はやはり乳がんの恐れがあるってことで、自分がその1割だったら・・・。と心配もありましたが、数日後の先生の診断を受けると・・・。

以下先生の言葉を要約。
・最初の検診のマンモでは私は何か問題があるのか全くわからない
・一人の先生が「問題なし」にチェック。もう一人は「構築の乱れ」にチェック。多分良性だけど、悪性の疑いも拭いきれず、要精検。
・今回の精密検査で行ったエコーでは丸いものが写っている。ただこれは上と下に白い線があり、通常は良性のしこりの証拠。これがガンではないということを証明するために針生検しましょう。

ということで、先生がよくわからないけどを連発するので、てっきり問題なしで終わるかと思ったら、ちゃんとエコーで丸いものが写っているのですごいびっくりしました。
しかも先生、状況説明が先で、結論は最後の最後のタイプなので、ドキドキの時間が長かった。

針生検は、エコーで見ながら注射針ぐらいのものでその部分の細胞を吸い取る。

先生は多分昔のミルクが残って袋状になったものだろうということで、実際、針で吸い取ったら水が出て小さくなったから、やっぱりガンではないと思うという見解でした。

針生検の結果が出るまでは10日ぐらい。

その間資格試験などもあり、悩んでいる暇もなかったのですが結果は良性でした。

よかった・・・

今回発見されたしこりは4mmぐらいで、触診ではわからない状態だったということ。
よくチラシなどにも、触診でわかります。なんて書いてあるけど、実際は小さいうちはわからないそうです。

資格試験中、ホテルにいたとき、金スマで乳がん検診をやっていたので見ていました。
・マンモは20代では行う必要がない。被爆のリスクのほうが高い。ただし、家族で乳がんの人がいる場合は行ったほうがいい。
・妊娠中に乳がんにかかると一気に進行する
・40代過ぎたらマンモ
・触ってわかる、痛みを感じるのはかなりすすんでから。なのでマンモがおすすめ
などでした。

今回、2人のうち、一人の先生しか気づかなかった異変をよく調べてみると、ガンではなかったにせよ、丸いものがあった。
これは非常に衝撃でした。
マンモは命を救うことができるとネットなどにも書いてありましたが、私も実体験でそう思いました。

母に乳がん検診でマンモやってるかと聞いてみたらやってないということでした。
理由は胸が小さいから、と触ってしこりなどは感じないから。

マンモは確かに放射線を照射するので被爆のリスクはあるかと思いますが、今2人に1人がガンになる時代です。
実際私の実家の近所でも父の他界後、続々とガンになって闘病中の人が増えていて、とっても心が痛みました。

ガンは早期発見さえできれば助かる病気にもなってきていると思うので、ぜひみなさん検診には可能な限り行ってみてはいかがでしょうか?

とはいえ私はまだバリウムを飲む勇気がないので、胃カメラで検診できるチャンスを狙ってます・・・

がんの早期発見のために。【PET/CT検査】【脳ドック】の初診予約はこちら

なんか乳がん検診の宣伝みたいになってしまいましたが、皆様の参考になり、皆様の命が守られるために、この体験を備忘録がてら記します。

関連記事

火を使わないせんねん灸太陽は育児中の忙しいお母さんにもおすすめ!

アラフォーのせいか、暑さのせいか、いつも体がダルイ。 昔、知人がよくもぐさ灸をやってもらっていると

記事を読む

DHC薬用ディープクレンジングオイルの評判を検証してみました

先日、DHC薬用ディープクレンジングオイルを使う機会があり、ちょっと驚きの使用感だったのでレビューし

記事を読む

花粉症と乾燥対策にお勧め! ダイキン(DAIKIN) 加湿空気清浄機 うるおい光クリエール

亜熱帯地方の海外から日本に帰国して、50日あまり、4月なのにまだ雪がちらつくこともある東北・福島の実

記事を読む

常識破りの川内優輝マラソンメソッド【本のレビュー】

マラソンというと42.195kmでとても運動嫌いな私には無理と思ってましたが、今住んでいるところでは

記事を読む

深呼吸のまほう【本のレビュー】

大人になってから喘息を発症し、疲れのあまりか呼吸が苦しいときが多くなったので、こんな本を見つけ読んで

記事を読む

その症状は天気のせいかもしれません【本のレビュー】

お医者さんが書いた、気象病の話。よくぞ書いてくれました! 思い出せば大学時代。

記事を読む

ブルガリアローズウォーターは、むせかえるような蜂蜜の香り

今回、長年使ってみたいと思っていたこのアイテムが、海を超えてやってきました。 ブルガリアローズ

記事を読む

ロクシタン シアソープ

海外の発展途上国にいるとなかなかよい化粧品が手に入らないのですが、主人がこの間バンコクに行く用事がで

記事を読む

お子様が小さい主婦におすすめのポンプタイプのクリーム(乳液、美容液)の一覧

ジェノマーの3GFエッセンスを使っていましたが、小さい子供を抱える主婦にとって、こういうポンプタイプ

記事を読む

我が家にワンダーコアがやってきた。導入編

ズボンの上にのっかったお腹の肉。 といえば、中年男性の形容詞・・・ですが、我が家には中年オ

記事を読む

PAGE TOP ↑