*

【睡眠】 心地よい睡眠を得るために

公開日: : 最終更新日:2014/04/26 症状改善

9つの方法をご紹介します。


就寝、起床の時間は一定に
休日はどうしても、疲れを取ろうと、いつもより朝寝坊してしまいがちですが、ふだん上手に入眠ができない人にとっては、かえって体内時計を狂わせる結果になります。
適度な運動を
運動不足は、不眠を招くということがいわれます。週に3-5日、20-30分間程度の有酸素運動をお勧めします。酸素を取り入れながら運動することにより、入眠を促すエンドルフィンが分泌されますし、体温が上昇し、後に体温が下がったときに、眠気を誘発してくれます。ただ、過度な運動、就寝直前の運動はかえって逆効果になりますから、ご注意を。
喫煙の習慣がある人は、禁煙の努力を
タバコの成分は、覚醒・興奮作用があると言われています。アメリカでの調査では、喫煙者は入眠も寝起きも悪いという結果が出ています。
就寝前のアルコールも控えめに
アルコールは、睡眠を促すと考えられている場合もありますが、確かに入眠直後は深く眠れるものの、その後は、浅い眠りになることが実験でわかっています。
就寝5時間以内のカフェイン摂取は避ける
人によっても違いますが、カフェインを摂取してから完全に抜けるまで3?5時間かかると言われます。カフェインに敏感だと思う人はなおさらですが、双でない人の場合も、就寝3時間前は避けたほうがよいでしょう。
カフェインは、コーヒー、紅茶、緑茶、コーラ、チョコレート、一部の薬に含まれています。
入眠がスムーズにいくまで一人で眠る
結婚している場合は、配偶者とともに眠るのが普通ですが、ある実験によると、当人達は二人の方がよく眠れると思っているにもかかわらず、安眠度は、一人の時のほうがよいという結果が出ています。同様に、ペットやなども、精神的な安らぎにはなりますが、動き回るので、睡眠の妨げになる恐れがあります。
就寝2時間前ぐらいに入浴する
体温が下がる時に、眠気が起きることがわかっています。入浴は、心身をリラックスさせてくれますし、入浴によって体温が上がったあと、2時間後は自然に体温が下降しますので、眠りを誘発させてくれます。
寝室は、睡眠のための神聖な場所に
寝室は寝るためだけの場所にすること。重要な話をしたり、食事をしたり、仕事をしたり、といった睡眠以外のことは、一切排除するようにしましょう。パブロフの犬の例にあるように、条件反射で、寝室に入っただけで、眠くなるようになるはずです。
寝室の環境を整える
光  色 精神がリラックスできる緑や青系統の色がいいでしょう 音 温度 湿気 ベッドや布団の材質、固さ 柔らかすぎる素材は、安眠を妨げることがわかっています。 枕 シーツ ブランケットや掛け布団 寝巻き

関連記事

slippery when wet 雨で転倒した後の注意点

一昨日、雨が降ってきたので、大急ぎで洗濯物を取り込みに屋上へいったら、洗濯物にたどり着く前に、見事転

記事を読む

【花粉症】コンタクトレンズを使っている方は、レーシックで花粉症が緩和されるかも?

レーシックの手術事故が一時問題になったので、レーシック人気も下がったのかなーーと思っていたのですが、

記事を読む

花粉症と乾燥対策にお勧め! ダイキン(DAIKIN) 加湿空気清浄機 うるおい光クリエール

亜熱帯地方の海外から日本に帰国して、50日あまり、4月なのにまだ雪がちらつくこともある東北・福島の実

記事を読む

偏頭痛(片頭痛)特集@NHKあさイチ 2016年1月11日

最近、あさイチを見る余裕が出てきたので嬉しいです。 昨日10日の特集も我が家にピッタリのも

記事を読む

娘の頭突きで激痛が

8月22日に頭を打った部分、だいぶよくなりましたが http://total-beauty.o

記事を読む

【疲れ目】 眼病、視力低下、眼精疲労にもよいツボ

攅竹(さんちく) 眉毛は、見方によっては、笹の葉のように見えますね。攅竹の「攅」は集まる、「竹」

記事を読む

明治乳酸菌サプリメントMG2809乳酸菌が届きました!

インフルエンザも流行開始ということですが、同時に花粉症の方は対策開始せねばならない時期です・・・

記事を読む

【睡眠】 睡眠不足の原因

以前は9時5時だった会社勤務も、最近はかなり帰宅が遅くなっている人も多いようです。 勤務時間

記事を読む

押せば目が明るくなる!

睛明(せいめい) 「睛明」の「睛」は、目を意味し、「明」は明るいことをあらわします。「睛明」は、

記事を読む

朝目覚めた瞬間からだるい!そんな人は横隔膜を鍛えろ!@NHKあさイチ 2016年1月10日放送分 

小学校6年生の長男が、まだ若いのに(笑)、肩が凝るだの、疲れただの、寝ても疲れがとれないだの大変なの

記事を読む

PAGE TOP ↑