*

「 花粉症 」 一覧

花粉飛散終了時期

花粉症の時期になると、「本当に一体、いつになったら終ってくれるのか」ときが遠くなります。 関東地方では、スギ花粉飛散終了は4月の後半、ヒノキ花粉症は5月中旬までが目安です。

続きを見る

ほこり(ダニ)

花粉症とほこりやダニは無関係のように見えますが、そうではありません。 花粉症がひどくなると、粘膜が刺激を受けやすくなりますから、家の中のほこりやダニはできるだけ取り除くようにするとよいでしょう。

続きを見る

過敏性亢進

花粉症が進むと、炎症が起こり、鼻や口の粘膜が過敏になり、ちょっとした刺激でもアレルギー反応を起こすようになります。 この状態を過敏性亢進といいます。過敏性とは、文字通り、外部からの刺激に対し過敏に

続きを見る

日常生活

花粉症は、簡単にいうと免疫系の病気なので、疲れない生活習慣を心がけると、症状が少し和らぐことがあります。 睡眠をたっぷりとる、刺激系の食べ物は控えめに、日中、窓は開けない。免疫力を高める食事をする

続きを見る

薬物療法

花粉症治療の薬としては、アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、ステロイド薬などがあります。 抗ヒスタミン薬は、新薬が次々と開発されている状況で、鼻水やくしゃみに作用し、中程度の症状の人に使われます。抗ヒス

続きを見る

対症療法

一般的には、病気の原因となるものを根本から解決する方法ではなく、発生している症状に対する治療法を指します。 花粉症は、根本的な原因を取り除くのは難しいので、おおかたの治療法は対症療法になります。目

続きを見る

政府による花粉及び花粉症に関する情報の提供

厚生労働省・農林水産省・環境省は、共同で花粉関連の情報提供のために努力しています。 スギ花粉症に関する関係省庁担当者連絡会議を行い、そこでの情報交換を基盤にし、厚生労働省・林野庁・環境省の花粉症関

続きを見る

文部科学省・厚生労働省

花粉症患者の増加に伴って、医療機関だけではなく、政府としても積極的に取り組む必要性が出てきたことから、各省庁で花粉症予防、治療のために、様々な対策がなされています。 大学等、研究機関での、花粉症の

続きを見る

環境庁の取り組み

花粉症患者の増加に伴って、医療機関だけではなく、政府としても積極的に取り組む必要性が出てきたことから、各省庁で花粉症予防、治療のために、様々な対策がなされています。 スギ・ヒノキの花粉の総飛散量の

続きを見る

中国四国地方のはなこさん

中国四国地方には、20地点、はなこさんが設置されています。 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県

続きを見る

中部地方のはなこさん

中部地方には、20地点、はなこさんが設置されています。 富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県

続きを見る

関西地方のはなこさん

関西地方には、20地点(うち追加設置予定、8地点) 配置されています。 滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県

続きを見る

関東地方のはなこさん

関東地方には、20地点(うち追加設置予定、7地点)にはなこさんが設置されています。 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県

続きを見る

はなこさん

環境庁で行っている、花粉観測システムの愛称。 はなこさんは、2002年度に関東地域、2003年度に関西地域、2004年度は中部地域、2006年には中国四国地方に配置されました。飛散データを収集し、

続きを見る

農林水産省の取り組み

花粉症患者の増加に伴って、医療機関だけではなく、政府としても積極的に取り組む必要性が出てきたことから、各省庁で花粉症予防、治療のために、様々な対策がなされています。 農林水産庁では、スギの雄花の着

続きを見る

IgE

2006/12/12 |

IgEとは、「免疫グロブリン(Immunogloblin)のEタイプ」という意味。 免疫グロブリンは抗体のことで、花粉やダニなどの抗原と結合し、アレルギー発症の原因となります。作用する場所、大きさ

続きを見る

個/cm2

2006/12/12 |

文字通り、1平方cm内に何個花粉があるかを表す単位です。 花粉飛散数を表す単位として使われていて、1日に飛散した花粉の数を単位面積で示したものです。注意・・・1~30個/cm2 、警戒・・・31個

続きを見る

飛散終了日

飛散終了日とは、飛散数が3日以上0個/cm2が続いた最初の日の前日のことです。

続きを見る

最多飛散数日

最多飛散数日とは最も多かった花粉飛散数(最多飛散日の花粉飛散数)を指します。

続きを見る

本格飛散開始日

本格飛散開始日とは、飛散開始日以後、花粉飛散数が初めて10個/cm2以上となった日のことです。

続きを見る

飛散開始日

飛散開始日は、花粉飛散数が初めて1個/cm2以上の日が2日以上続いた最初の日のことです。

続きを見る

総花粉飛散数

総花粉飛散数とは、花粉飛散開始日から飛散終了日までの日ごとの花粉飛散数の合計を指します。

続きを見る

花粉症初期療法

花粉症の季節になり、花粉症の症状が出る前に治療を行うことです。 「第2世代抗ヒスタミン薬」や「化学伝達物質遊離抑制薬」などが治療に使われます。

続きを見る

点鼻薬

2006/12/12 |

一般の薬局でも、点鼻薬が容易に手に入るようになりました。 一般の薬局で販売されているものは血管収縮性点鼻薬で、最初は鼻づまりが解消されるますが、リバウンド現象として鼻づまりの症状が悪化し、結局、点

続きを見る

風邪薬と花粉症

市販の内服タイプの風邪薬には、抗ヒスタミン薬が含まれていることが多いので、花粉症にも効果が有るといわれることがあります。 ただし風邪薬には、のどの痛みや、セキ、タンなどの症状を押さえる成分も含まれ

続きを見る

抗ヒスタミン薬

花粉症の症状の一つであるかゆみは、ヒスタミンという化学伝達物質の作用です。抗ヒスタミン薬は、このヒスタミンの作用をブロックすることで効果を発揮します。 この薬は花粉症に対して即効性があり、症状を抑

続きを見る

抗アレルギー薬の服用開始

本格飛散開始の2~4週前に始めるのがよいと言われます。本格飛散は例年東京で2月下旬と予想されます。関東地区にお住まいの場合は、1月下旬から2月の上旬に内服を開始するのがよいでしょう。抗アレルギー薬は、

続きを見る

抗アレルギー薬

化学伝達物質遊離抑制薬ともいい、花粉症が発症するときに作用する肥満細胞などからのヒスタミン等の化学伝達物質の遊離を抑制します。 そのため、予防的な作用をし、花粉症に対しては花粉飛散の初期から用いる

続きを見る

花粉症の薬

鼻と目の症状がある場合、内服薬としては抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、ステロイド薬、漢方薬などがあります。 外用薬としては、点鼻薬と点眼薬があり、抗アレルギー薬、ステロイド薬、血管収縮剤、抗コリン

続きを見る

アレルギー科

アレルギー科の標榜が可能となりました。 標榜(ひょうぼう)とは、病院や診療所が診療科名を外部に広告できることを指します。 医療法第69条では、いかなる方法によるかを問わず、次条に規定する診療科名以

続きを見る

指導医

2006/12/12 |

高度な知識や技量、経験を持ち、認定医や専門医などを指導する立場にある医師としてアレルギー学会が認定した医師です。 アレルギー学会認定の研修施設に勤務していることが条件になります。

続きを見る

認定専門医

認定医よりさらに高度な知識や技量、経験を持つ医師としてアレルギー学会が認定した医師のことです。 その診療科での専門医の資格を合わせ持つことなどが必要で、アレルギー学会認定専門医は、耳鼻科では全国で

続きを見る

認定医

2006/12/12 |

高度な知識や技量、経験を持つ医師・歯科医師として学会が認定した医師を指します。 アレルギー学会の認定医は日本において、耳鼻科で120数名いるといわれます。

続きを見る

日本アレルギー学会

正式名称:社団法人日本アレルギー学会(Japanese Society of Allergology)。 アレルギーおよび臨床免疫を共通の研究テーマとしている基礎医学者及び臨床医より構成されていま

続きを見る

スギ花粉

スギは、本州、四国、九州に分布する針葉樹で、スギ属スギ科の植物です。 雌雄同株で、2~4月に花が咲きますので花粉の飛散時期は2月中旬から5月中旬前後になります。

続きを見る

ネズ花粉

ネズは、ビャクシン属の針葉樹です。 四国、九州地方に主に花粉が飛散します。

続きを見る

花粉症を診療してくれる科・花粉症になったときに受診の科

花粉症は目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、各種炎症など、様々な症状が組み合わさっていますから、どの科に相談したらよいのか、迷うところです。 基本的には、症状の強い部位を診療できる科を受診し、その後、医師

続きを見る

カラムシ 花粉

イラクサ科の多年草で、道端や原っぱなどに生えています。 花は夏から秋にかけて咲き、8月から10月に花粉が飛散します。

続きを見る

カモガヤ花粉

カモガヤは、イネ科の牧草の一種で、川岸などに見られます。 花は5~6月に咲き、花粉は4月から7月頃に飛散します。

続きを見る

ヨモギ花粉

ヨモギは薬用・食用植物としてなじみがありますが、この花粉も花粉症の原因になることがあります。 夏の終わりから秋にかけて1m程度まで伸び、分かれた枝先に穂状で小型、黄褐色の花を咲かせます。花粉飛散は

続きを見る

アレルゲン

花粉症で苦しむ人の大敵は、花粉だけでなく、基本的なアレルゲンに数えられる家のほこり、ダニ、ペットの毛などもあります。 弱った鼻や目などの粘膜は、過敏になっていますので、外出時は、飛散した花粉に注意

続きを見る

世界の花粉症

日本以外にも花粉症が多少なりとも見られます。 日本ではスギ花粉症が有名ですが、北米ではブタクサ花粉症、欧州ではイネ科花粉症が主要なものとして知られています。

続きを見る

花粉症の未来

将来的には、花粉症の患者は増えると見られています。 というのも、一つは地球温暖化がかかわってきます。2040年には地球温暖化のために、、雨量が減り、関東地方ではスギ花粉数が1.5倍以上に増加、患者

続きを見る

シラカンバ(シラカバ)花粉

高原で目を楽しませてくれる白樺ですが、これも花粉症の原因になる場合があります。 白樺は、カバノキ科の落葉高木です。北海道は広範囲に分布し、本州では近畿地方以北の高原に多く見られます。花粉飛散時期は

続きを見る

ブタクサ花粉

道端や空き地に生えているキク科の1年草です。 花粉飛散は8月から10月前後になります。

続きを見る

花粉症の種類

花粉症の種類は、50種類を越えるといわれます。 花粉症を引き起こす主なものに、スギ、ヒノキ、イネ科(カモガヤ、ハルガヤ)やキク科(ブタクサ)などがあります。症状が進むと、どの花粉にも反応してしまい

続きを見る

風邪

2006/12/12 |

初めて花粉症にかかったりすると、風邪と花粉症の区別がつかないことがあります。 花粉症と風邪では、くしゃみや鼻水、鼻づまりの症状が共通します。鼻や目だけの症状が2週間以上続く、発熱、のどの痛みや消化

続きを見る

オオバヤシャブシ花粉

オオバヤシャブシは、近畿地方に主に飛散するカバノキ科の落葉低木の花粉です。 オオバヤシャブシは、カバノキ科の落葉低木です。福島県以南の太平洋側の半島や、伊豆諸島に分布します。飛散時期は2月~3月で

続きを見る

花粉症とコート

花粉症の季節、外出時の衣類は、花粉がつきにくい素材がよいといわれます。 まだまだ寒い季節に外出するときは、コートが必要ですが、ウール素材のコートは残念ながら、花粉が繊維に入り込んでしまい、家の中に

続きを見る

花粉症と湿度

空気の乾燥に注意しましょう。 春先、空気が乾燥しやすくなりますが、乾燥がひどいと、粘膜や皮膚が過敏になり、花粉症の症状が起こりやすくなります。外にいるときは仕方がないですが、家の中で乾燥を感じたら

続きを見る

PAGE TOP ↑